【2020年】プリントパックはお得? 価格や割引など安さを徹底チェック

ネットプリントde年賀状「TOPページ」
画像:プリントパックde年賀状印刷


プリントパックの年賀状は、どのようなサービスになっているのか? 2020年の年賀状の価格や割引、デザインの種類、サービスなど、気になるデータを徹底リサーチします。

※2019年12月25日に情報を更新しました

プリントパックの年賀状の特徴

プリントパックはカタログやチラシ、フライヤー、ポスターなど高品質&低価格で印刷サービスを提供する会社です。サービスを利用したことがなくても、テレビCMで名前を知っている人も多いのではないでしょうか。

印刷に関することなら何でもお任せのプリントパックは、もちろん年賀状印刷にも注力。他の印刷商材と同様に、高品質&低価格を謳っています。そんなプリントパックの年賀状を、まずはデータでチェックしましょう。

料金 印刷代 8枚1461円〜(2営業日納品の場合)
※税込。早割を適用
割引 早割 25%割引~(12月25日まで)
デザイン数 公表なし(各テーマの合計886種類 ※重複アリ)
送料 無料
宛名印刷 有料(件数によって価格は異なる)
投函代行 なし
受け取り方法 宅配
発送 当日~7日後(現在は2営業日まで)
決済方法 銀行振込
代引き(金額によって手数料が異なる)
ペイジー
クレジットカード
支店で支払い
コンビニ決済
アプリ あり

業界トップクラスの低価格

結論から言うとプリントパックの価格はかなり安いです。早割も用意されているので、注文が早ければ早いほどリーズナブルに印刷できます。さらに宛名印刷と送料も無料なのはうれしいところ。安さには関しては業界トップクラスと言っても過言ではないでしょう。

ただし、宛名印字は有料ですし、投函代行などの便利なサービスは用意されていません。ここら辺は「安さとのトレードオフ」と納得するしかないでしょう。

印刷枚数を4枚刻みでしか選べないのも難点ですが、公式サイトにはシミュレーターで費用が一目でわかるのは救いでしょう。

ネットプリントde年賀状「価格シミュレーター」
画像:プリントパックde年賀状印刷

印刷メニューは2種類、料金設定は同じ

プリントパックの年賀状はで、印刷メニューは「デザインを選んでつくる」と「ご自身のデータでつくる」の2種類。印刷できるのは、お年玉付年賀はがきと私製はがきとなります。

「デザインを選んでつくる」を選んだ場合は、「コンテスト採用作品」「ビジネス・企業向け」「ファミリー・プライベート向け」などデザインタイプをチョイス。中には結婚や出産、転居などのお知らせと兼用の年賀状もあります。また、差出人の情報を「デザイン面に印刷」「宛名面に印刷」「印刷しない」を選べます。こちら「宛名面に印刷」を選択した場合は価格が増すので要注意です。

用意されるデザインの種類は次の通りです(テーマ毎に重複アリ)。

テーマ デザイン数
コンテスト採用作品 288
ビジネス・企業向け 120
ファミリー・プライベート向け 120
スタンダード 156
写真入り 18
カジュアル 126
モノクロ 54
結婚・出産・引越 お知らせ 4

デザイン種類に関しては多くも少なくもといったところ。ただ、気に入ったデザインがあるなら、そこは大きな問題にはならないでしょう。

ちなみにコンテスト採用作品というのは、プリントパックが毎年開催している年賀状デザインコンテストで採用された作品のこと。2020年用年賀状コンテストの最優秀賞はQUOカード20万円分、デザイン賞はMacBook Proなど豪華な賞品がもらえます。デザインが得意な方は、来年度の応募を検討するのもアリかも。

「ご自身のデータでつくる」を選んだ場合、その名前どおり、自分で作成したデータで年賀状を印刷できます。基本料金の設定はプリントパックのデザインを使った場合と同じですが、両面印刷する場合は価格が増します。

ネットプリントde年賀状「デザイン一覧」
画像:プリントパックde年賀状印刷

当日発送も可能! 納期が選べる

プリントパックの年賀状では、当日~7営業日の中から選べます。発送が短いほど価格が上がりますが、100枚注文する場合では当日と7営業日の差は500円程度。低価格を追求して発送を長くしたり、手っ取り早く年賀状作成を終わらせるために発送を短くしたりするのはもちろん、価格と納期のバランスを考えながら注文できます。

ネットプリントde年賀状「納品期間」
画像:プリントパックde年賀状印刷

私製はがきを使うなら紙質にもこだわれる

お手頃なプリントパックですが、印画紙を貼り付ける「プレミアム系」の印刷がありません。しかし年賀はがきにこだわらず、私製はがきで印刷するのであれば、より質の高い紙で印刷できます。

ネットプリントde年賀状「姿勢はがきの種類」
画像:プリントパックde年賀状印刷

普通紙だけでなく、光沢紙や高級半光沢紙、超高級光沢/普通紙などをラインナップ。自分が思った通りの紙質で仕上げることができます。ただ、その分価格も高くなりますし、年賀はがきでないので別途切手が必要となります。安さを追求するならオススメできませんが、質を第一とするなら私製はがきの使用も選択肢となるでしょう。

プリントパックの年賀状のメリット・デメリットまとめ

プリントパックの年賀状のポイントをメリットとデメリットでおさらいしましょう。

・とにかく価格が安い
・納期を選べ、最短で当日発送も可能
・印刷面や納期などで値段が変わり、料金体系が複雑
・「プレミアム系」の印刷ができない
・投函代行などの便利なサービスが少ない

年賀状の印刷枚数別に料金をチェック!

「プリントパックの年賀状は安い」と実際はどれくらいかかるのか?  枚数別にシミュレーションしてみました。

年賀はがきで印刷した場合の料金

私製はがきは高くつきすぎるので、「デザインを選んでつくる」で年賀はがきを使用したケースで計算します。条件は早割が45%(2019年11月4日まで)、納期が7営業日、差出人はデザイン面に印刷と設定。気になるお値段を「8枚」「24枚」「48枚」「100枚」で算出して、表にまとめました。

※プリントパックでは8部以上4部単位で注文を受け付けているので、設定枚数が他の記事と異なります。また、プリントパックでは印刷費と年賀はがきの総額に消費税をかけています。より正確に価格を算出するため、印刷費は税込の総額から年賀はがき代を引いて割り出しています。

枚数 印刷費 年賀はがき 合計
8枚 957円 504円 1461円
28枚 1558円 1512円 3070円
48枚 1456円 3024円 4480円
100枚 2311円 6300円 8611円

一般的な年賀状印刷の相場は10枚で2500〜3000円、30枚で4500〜5000円、50枚で6000〜6500円、100枚で1万1000〜1万1500円(12月に実施した各社の早割で算出)なので、プリントパックの年賀状は相場よりもかなり安いと言えます。

特筆すべきは少ない枚数での値段の安さ。他社は枚数が少ないと価格が高くなりがちですが、プリントパックは最小単位の8枚でも1330円で、相場の半額程度です。

プリントパックで実際に年賀状を作ってみた

では年賀状の仕上がりはどうなのでしょうか? 実際に年賀状を発注してみました。

 

プリントパックの年賀状の注文方法

STEP1:デザインを決める

プリントパックの年賀状制作画面。デザイン選択

プリントパックは印画紙に印刷して貼り合わせる写真仕上げがないので、オンデマンド印刷の「写真で作る年賀状」を注文します。まずはカテゴリを選んで、好みのデザインを選択。縦型、横型でデザインを絞り込めます。

STEP2:写真を選択する

画像が配置できる場所をクリックすると表示される「画像ファイル選択」をクリック。使いたい画像を選んで配置します。画像サイズには制限があります。写真は配置やサイズを調整できます。

STEP3:挨拶文を入力する

挨拶文を入力します。入力後、「クリックすると上記挨拶文をデザインに反映します」をクリックすると、右側のデザインに入力した挨拶文が反映されます。

STEP4:はがきの種類を選択する

年賀はがきか、私製はがきを選びます。

STEP5:差出人情報を入力する

差出人情報を入力します。デザイン面、宛名面のどちらでも記載可能です。

STEP6:デザインを確認する

デザインや差出人情報に間違いがないか確認。続いて、宛名印刷の要否を選択します。宛名印刷を依頼すると、納期が1日追加されます。

STEP7:受取方、印刷枚数、納期コースを指定する

受け取り方法と希望の枚数と納期を指定します。

STEP8:届け先の住所を指定する

印刷した年賀状の届け先住所を指定します。必要であれば差出人情報を変更することもできます。

STEP9:支払い方法を選択する

希望する支払い方法を選び、規約に同意して、注文を確定。これで注文が完了しました。

プリントパックの年賀状の仕上がり

注文してから5日後、納期として選択した「4営業日」ぴったりで自宅に到着。さっそく開封してみると年賀はがきに直接印刷するタイプですが、まずまずの仕上がりといっていいのではないでしょうか。

実際のプリントパックの年賀状

人間の肌にムラが出ていますが、これは印刷仕上げなら仕方がないところ。写真の仕上がりにとことんこだわるという方にはオススメできませんが、印刷クオリティを含めた総合評価なら、十分選択肢に入れて良いレベルだと思いました。

プリントパックで年賀状を作った感想

高品質&低価格がウリのプリントパックを実際に利用した印象は「確かに高品質&低価格」。今回注文した最小単位の8枚では相場の半額程度というかなりお得な価格で、必要十分なクオリティの年賀状が作れます。

気になったのは写真年賀状のデザインの少なさ。写真を大きく見せられるデザインがほとんどなく、写真好きにはちょっと寂しいかも。ただ、逆に言えば、写真を使わない場合は、かなり有力な選択肢と言えるでしょう!

プリントパックの年賀状は「安さと早さを優先する人」向き

プリントパックでは低価格で年賀状を制作可能。少ない枚数でもリーズナブルなのが特徴です。発送期間を選べるのでスピード重視の人にとっては賢い選択肢となります。

用意されているデザインの数もさほど多くはありません。しかし捉え方を変えれば、デザイン選びに悩んだり、手間をかけたりする必要がないとも言えます。

これらを踏まえると、プリントパックの年賀状は次のような方にオススメです。

・納期を優先したい人
・年賀状を送る枚数が少ない人
・デザインを選ぶのが面倒という人

年賀状作成は1年を締めくくるイベントの一つ。自分に合った印刷会社を見つけて、満足のいく年賀状を作ってください!