【2020年】年賀家族の年賀状はお得? 価格や割引など安さを徹底チェック

年賀家族公式サイトTOPページ
画像:年賀家族

サービス誕生から9年目を迎える年賀家族。2020年度版の年賀状は、いったいどのような内容なのでしょうか? 価格や割引はもちろん、デザインの種類からコスパまで、気になるポイントを徹底的に調べてみました。

※2019年12月24日に情報を更新しました

年賀家族の年賀状の特徴

ネットプリントサービスの年賀状の中にあって「写真年賀状の理想を追求」する年賀家族。質の高いデザイナーズ年賀状として人気を集めています。

そんな年賀家族の2020年度の年賀状情報を表にまとめました。

料金 基本料金 初回は5000円。追加注文は1800円
印刷代 1枚85円(HAKU商品のみ1枚180円)
割引 早割 30%割引(2020年1月10日まで)。基本料金にのみ適用
デザイン数 全1345種類(バリエーションは10万以上)
送料 無料
宛名印刷 無料
投函代行 サービス無し
受け取り方法 宅配
納期 通常 5営業日
特急出荷 3営業日
超特急出荷 2営業日
決済方法 クレジットカード(手数料無料)
代引き(手数料無料)
銀行・指定コンビニでの後払い(手数料無料)
アプリ なし

料金は基本料金+印刷費+年賀はがき代

年賀家族では基本料金と印刷費が別扱い。年賀はがき代も基本料金には含まれていません。

基本料金は一律で、少数注文だと割高になってしまいます。しかし、大量に注文すればするほど、基本料金の分、割安になっていきます。注文する枚数によって、コスパに差が出る料金システムになっています。

年賀家族公式サイト「初回注文価格」
画像:年賀家族

3タイプの紙はどれを選んでも、料金は一律

年賀家族は“写真年賀状”に特化。印刷紙は「フォトプリントペーパー」「ナチュラルペーパー」「パールリッチペーパー」という、写真の映える3種類を選べます。どの紙でも印刷料金はすべて一律で、1枚につき85円。一枚あたりの料金は、他社と比べてじゃっかん高価でしょう。

紙色 艶感 質感
フォトプリントペーパー 純白に近い白 半光沢 シルクのような滑らかな手触り
ナチュラルペーパー 純白に近い白 マット 紙本来の自然でやさしい手触り
パールリッチペーパー 純白に近いシルバー マット(パール加工) わずかな凹凸がリッチな手触り

しかし、いずれもはがきとプリント用紙を貼り合わせる「合紙製法」なので、しっかりとした高級感のある仕上がりになります。「ナチュラルペーパー」は写真集などにも使われる紙で、「パールリッチペーパー」は包装紙などに使われています。特にこだわりがなければ、写真の階調表現と発色の良さが特徴の「フォトプリントペーパー」がオススメです。

もし迷ったときは、紙の無料サンプルを請求してみるのもいいかもしれません。サイトから登録すると上記の3種類に、特色インクを使用したPiNKを加えた4枚のサンプルはがきが送られてきます。

デザインのバリエーションは業界最高峰

年賀家族のデザインは、そのほとんどが写真を使用することを前提としています。全部で1345種類あり、1つのデザインで文言や使用する写真の枚数を変えれらます。そのバリエーションは、なんと10万以上!

システムは、まずテーマ別やイメージ別に分かれている中からベースのデザインを選択。そこから色を変えたり、写真の点数を変えたり、自分なりにアレンジしていきます。既存のデザインにはない、自分だけの年賀状を作れるのはうれしいですね。

デザインによっては最大43枚の写真を使えるものも。逆にイラストタイプのデザインは、写真タイプに比べて少なめです。

イメージ別 デザイン数
クリエイター 全112種
和風モダン 全152種
シンプル 全109種
ナチュラル 全128種
ポップ 全64種
テーマ別 デザイン数
干支 全128種
マガジン風 全40種
コミック風 全35種
お便り風 全22種
ポストカード風 全53種
写真なしイラスト 全135種

他にも、写真に箔押しすることで豪華な仕上がりになるデザインの「HAKU」(13種)や、写真自体をデザインに馴染むように加工するデザインの「ナジーム」(121種)などをラインナップ。中には、通常の印刷で使用されるCMYK以外の特色のピンク色を使用した「PiNK」(52種)なんてデザインも。

ただし、「HAKU」のみ印刷代が1枚180円になるので要注意です。

デザインはたくさんありますが、自分の目的のデザインが探しやすいのもポイント。イメージ別やテーマ別のほか、フレームタイプ別や用途別などにも分かれており、直感的に探せます。

年賀家族公式サイト「デザイン種別カタログ」
画像:年賀家族

自分で一からデザインしたデータを使って印刷可能。こだわりが強く、自分で全てを作りたい人にも対応してくれるのも◎です。

20作品まで同時に注文OK

親戚に送る年賀状と、友人に送る年賀状でデザインを変えたいことってありますよね? 年賀家族では、なんと一回で最大20作品までを同時に注文できちゃいます。

例えば親戚用のデザインで20枚、友人用のデザインで40枚、恋人用のデザインで1枚という注文の仕方もOK。追加料金もかからないので、こだわりの年賀状をたくさん作っちゃいましょう。

年賀状作りがスムーズになるサービスも充実

年賀家族では、スムーズに年賀状を作るためのオプションが充実。デザインの色を変えたり、写真のサイズを変更したりと細かくカスタマイズできる「デザイン調整サービス」(1作品980円)や、住所リストなどを預けて宛名を入力してくれる「宛名入力代行サービス」(基本料金1500円+入力1件で30円)などが用意されています。

もちろん、宛名を同時に印刷する「宛名印刷サービス」も無料で利用できます。

急いでいるときは特急や超特急の出荷も対応

通常は注文日から5営業日目の出荷になりますが、「特急納期」なら3営業日目に出荷してもらえます。こちらは有料オプションで、料金は980円となります。

さらに注文日から2営業日目で出荷される「超特急納期」も! 1480円かかりますが、急いでいるときには助かりますね。

年賀家族公式サイト「納期・配送」
画像:年賀家族

再印刷保証やはがき買い取りなど安心のサポート体制

年賀家族はサポート体制も万全です。万が一の不良品はもちろん、1回限りですがユーザーの編集ミスによる失敗も無料で再印刷してくれます。初心者でも安心できますね。

また、年賀家族で注文する前に、すでに年賀はがきを購入してしまっていた場合にも対応。年賀家族で購入済の枚数を上限に、未使用の年賀はがきを1枚63円で買い取ってくれます。ただし、使用済みや書き損じの年賀はがきは買い取りの対象外になるので、ご注意を。

年賀家族公式サイト「サポートのこだわり」
画像:年賀家族

年賀家族の年賀状のメリット・デメリットまとめ

最後に、年賀家族の特徴をおさらい。他社と比べた際のメリットとデメリットを改めて確認ください。

・写真年賀状に特化している
・デザインにこだわれる
・別のデザインも同時に注文できる
・写真を使用しないデザインが少ない
・全体的にやや割高の料金設定

年賀状の印刷枚数別に料金をチェック

年賀家族の年賀状は、基本料金が一律で印刷費とはがき代のみ枚数によって変動します。ここでは、具体的に「何枚注文するといくらかかるのか」をシミュレーション! 枚数別に確認してみました。

枚数 基本料金 印刷費 年賀はがき 合計
10 7000円 850円 630円 8480円
30 2550円 1890円 1万1440円
50 4250円 3150円 1万4400円
100 8500円 6300円 2万1800円

写真仕上げの年賀状の相場は、10枚で3000~3500円、30枚で5500~6000円、50枚で7500~8000円、100枚で1万3000~1万4000円です(12月に実施した各社の早割で算出)。相場から比べると、年賀家族は全体的に割高感があるのは否めません。前述したとおり、印刷費の1枚85円も、他社より高めです。

ただし、他社の最上級のフォトプリントが標準で設定されていると考えると、コスパとしては決して高くない料金設定と言えるでしょう。

年賀家族で年賀状を実際に作ってみた

年賀家族で年賀状を注文し、その方法から仕上がりまでをレビューします。

年賀家族での年賀状の作り方

STEP1:デザインと仕様を選択する

年賀家族の年賀状制作画面。デザインを選択

まず初めに使用するテンプレートを決めます。そこでカラーや使用する写真枚数、タイトルが選べる場合は、その組み合わせも選びます。

STEP2:使用する写真を決める

年賀家族の年賀状制作画面。使用する写真を決定

自分の使いたい写真を設定します。事前に画像を用意しておくこと。画像の倍率や位置、角度なども同時に調整できます。

STEP3:カラーを変更する

年賀家族の年賀状制作画面。カラーを決定

最初にカラーを変更しましたが、写真をはめて見てカラーを改めて選び直すことも可能。全体の色合いなどを考えて、カラーをセレクトしましょう。

STEP4:差出人や挨拶文を入力する

年賀家族の年賀状制作画面。差出人と挨拶文を決定

差出人や賀詞、挨拶文を入力していきます。それぞれレイアウトも調整できます。また挨拶文は自分で好きな文章を入力できるほか、文例集から選べます。

STEP5:会員登録を行い、注文に進む

年賀家族の年賀状制作画面。デザインを確定

ここまででカートに入れた状態に。年賀状の同時注文もできるので、別の年賀状を注文したい場合は、再びデザインを選んでください。

STEP6:はがきの種類と用紙を選ぶ

年賀家族の年賀状制作画面。使用するはがきを選択

はがきは普通の年賀はがき(63円)のほか、ディズニー年賀はがき(63円)やスヌーピー年賀はがき(63円)なども選べます。自分で切手を貼る私製はがきであれば無料です。また、用紙は「フォトプリントペーパー」「ナチュラルペーパー」「パールリッチペーパー」の3種類から選択可能。料金は一律です。すべての用紙が、はがきとプリント用紙を貼り合わせて製造する「合紙製法」です。

STEP7:宛名印刷を注文する

 

年賀家族の年賀状制作画面。宛名印刷を選択

宛名印刷サービスを利用するかどうかを選びます。宛名印刷は、通常出荷に+1営業日かかってしまいますが、無料で利用できます。

STEP8:支払いやお客さま情報などを入力する

年賀家族の年賀状制作画面。お客様情報を入力

注文情報では自分や名前や連絡先などのお客様情報、支払い方法などを設定。そして配送先を確定します。

STEP9:最終確認を行い、注文を完了する

年賀家族の年賀状制作画面。注文を確定

以上で年賀状づくりは終了。最後に間違いがないかよくチェックしましょう。間違いがあった場合は、戻って修正を。注文番号などの詳細が表示されると同時に、登録したメールアドレスにも注文確定のメールが届くきます。そちらも忘れずに確認しておきましょう。

年賀家族の年賀状の仕上がり

年賀家族の年賀状が到着

注文してから、5日後に商品発送のメールが来ました。そして翌日クロネコヤマトの宅急便で到着。他の印刷会社に比べると少し発送が遅かったです。ただ、早めに届けて欲しい人は、有料ですが特急納期や超特急納期を利用すれば良いでしょう。

実際に作った年賀家族の年賀状

年賀家族ではフォトプリントペーパーとナチュラルペーパー、パールリッチペーパーを選べますが、今回はフォトプリントペーパーで注文。合紙製法なので、しっかりと厚みがあり、高級感があります。半光沢でシルクのような手触りも◎。もちろん、発色もキレイです。出来栄えに関しては大満足です!

年賀家族で年賀状を作った感想

年賀家族はかなりのクオリティでした。年賀家族は料金一律ですべて合紙製法というこだわりようで、写真入り年賀状の質に関しても業界トップクラスでしょう。デザインもイラストのみのテンプレートも用意していますが、基本的には写真入りが主流。写真を引き立たせるデザインが多く、ここにもこだわりを感じました。

正直なところ、料金や発送までの日数はネックですが、センスや品質にも文句のつけどころがありません。出来上がりの良さを優先するなら、素晴らしい選択肢となるでしょう。

年賀家族は「とにかくデザインにこだわる人」向き

年賀家族の年賀状は、料金的にはお得ではないかもしれません。しかし、紙を選べたり、デザインの自由度が高かったりするなど、他社より抜きん出た部分がいくつもあります。

特に、デザインのバリエーションは10万以上と他の追随を許しません。アレンジのしやすさや操作性の良さも、ストレスがないレベルでスムーズ。料金を上回る“価値”を発揮しています。

以上を踏まえると、年賀家族は次の人にオススメです。

・とにかくデザインにこだわりたい人
・見てほしい写真がたくさんある人
・オリジナリティを発揮したい人

ぜひ自分に合った印刷会社を見つけて、今年は最高の年賀状を仕上げてください。